私のうつ病闘病記「私がうつ病を治したたった3つの方法」

現在うつ病の方に何かを感じ取って頂ければと思います

私は、たった1度の診断と、ネットでの知識で「自分はうつ病で治すのは大変なのだ」と思い込みました。

今思うと、勝手に「治せないもの」だと思い込み、沢山の人を傷つけ、最終的には沢山の人に「自分はうつ病だから苦しい。大変なのだ」と同情して欲しかったのだと思います。

うつ病は確かに病気です。
でも治そうと前向きに努力すればいくらでも治せる病気ですし、自分よりももっと辛く厳しい人は世の中に沢山居ます。
そう考えて、私の実際の体験談を参考に少しでも前向きになって頂ければと思います。

結局…

同僚に話しをしてしばらくしてやっと親にうつだって言えました。
先生から告知はされてないけど、カルテには書いてあったと。
親はなんとなく…と言うか…姉妹にうつの人がいたから予想はしてたみたいでしたがカミングアウトした後はさすがに無言になりました。
そしてただ頑張れとだけ言われました。

アタシがうつになったきっかけは…
長々となってしまいましたが旦那の浮気が原因で、体に警告はたくさん出ていたのにただ気が沈んでいるだけだと思い込み二年もほったらかしにしていた。

でも逆にいえばほったらかしでよかったのかもしれない。
うつだとわかって結局いろいろ携帯で調べては余計にへこむ…余計に不安になる。

でも子供にとってその期間は最悪な親だったのかもしれない。ものすごく不安にさせていたと思う。

だからどっちが正解とか、こっちでよかったとかは一概にはいえません。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:呆然
次の記事:カミングアウトから…
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。