私のうつ病闘病記「私がうつ病を治したたった3つの方法」

現在うつ病の方に何かを感じ取って頂ければと思います

私は、たった1度の診断と、ネットでの知識で「自分はうつ病で治すのは大変なのだ」と思い込みました。

今思うと、勝手に「治せないもの」だと思い込み、沢山の人を傷つけ、最終的には沢山の人に「自分はうつ病だから苦しい。大変なのだ」と同情して欲しかったのだと思います。

うつ病は確かに病気です。
でも治そうと前向きに努力すればいくらでも治せる病気ですし、自分よりももっと辛く厳しい人は世の中に沢山居ます。
そう考えて、私の実際の体験談を参考に少しでも前向きになって頂ければと思います。

一度目にうつになった時だされていた薬

これはもう何年も前の事なのでうろ覚えですが…

始めの頃は合う薬選びの為一週間か二週間で合わなければ薬を変える方法でした。

で選ばれた薬が…
確実なのは胃が痛かったから『ガスター』みたいな類の薬。

頭痛がはんぱなくてバファリンじゃきかなかったからかなり鎮痛剤では強い『ボルタレン』最近この成分が入った塗り薬も市販される様になりましたが…
正常な人(普段ブァファリン程度で十分効く人)が頭痛でのむと、めまい吐き気が起きてしまう様ですf^_^; 同僚にあげたら大変な事になってしまいました…やはりお医者さんからの薬は他人には絶対にあげてはいけません。

あと『ドグマチール』こううつ作用のある薬。

あと食欲がなかった為にだされていた『?』忘れてしまいました。

それに『ルボックス』

胃薬と確か食欲を増進させる薬以外はこれを朝晩2錠づつ飲んでました。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:最初の薬その2
次の記事:親権争い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。