私のうつ病闘病記「私がうつ病を治したたった3つの方法」

現在うつ病の方に何かを感じ取って頂ければと思います

私は、たった1度の診断と、ネットでの知識で「自分はうつ病で治すのは大変なのだ」と思い込みました。

今思うと、勝手に「治せないもの」だと思い込み、沢山の人を傷つけ、最終的には沢山の人に「自分はうつ病だから苦しい。大変なのだ」と同情して欲しかったのだと思います。

うつ病は確かに病気です。
でも治そうと前向きに努力すればいくらでも治せる病気ですし、自分よりももっと辛く厳しい人は世の中に沢山居ます。
そう考えて、私の実際の体験談を参考に少しでも前向きになって頂ければと思います。

何もしたくない

安心させる為にも『前の時よりましですから』とは言ったものの日に日に体調も悪くなりあからさまにチクチクと嫌みを言われる様になってしまいました。

それでも全く笑わないアタシがたまに笑うだけで物凄く旦那が喜んでくれたし、娘も『ママが笑ったぁ』って喜んでくれるのがアタシには励みだったです。

そういえば幼稚園の時(一度目のうつの時)も母の日のプレゼントに【わらってるママがすき】って書いてありました。

でもなんで付き合ってる時はあんなに一緒にいて楽しかったのに、今は笑えないんだろうって何度も何度も思いました。
やっぱり嫌われない様に違う自分を作ってたのかな?って…今は結婚して安心しちゃってるからダメなのかな?って…

仕事も正直行きたくない日が増え『仕事行きたくない』って出勤前の旦那にぼやく様になりました。

言われてる方にすればかなり朝から気分悪くなる事言ってたと思います。
でもほんとになんにもしたくないって日が増えると比例して家族にも迷惑かけてました。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
タグ:ウツ うつ病

 

前の記事:姑との溝
次の記事:仕事から逃げる毎日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。