私のうつ病闘病記「私がうつ病を治したたった3つの方法」

現在うつ病の方に何かを感じ取って頂ければと思います

私は、たった1度の診断と、ネットでの知識で「自分はうつ病で治すのは大変なのだ」と思い込みました。

今思うと、勝手に「治せないもの」だと思い込み、沢山の人を傷つけ、最終的には沢山の人に「自分はうつ病だから苦しい。大変なのだ」と同情して欲しかったのだと思います。

うつ病は確かに病気です。
でも治そうと前向きに努力すればいくらでも治せる病気ですし、自分よりももっと辛く厳しい人は世の中に沢山居ます。
そう考えて、私の実際の体験談を参考に少しでも前向きになって頂ければと思います。

旦那がキレた

あたしはいつしか仕事もクビになりさらに自分の殻に閉じこもってしまった。
そして更に旦那を苦しめた。

結果…旦那はブチ切れた行動に出て(他にも理由はあります)『もうやっていけない何んでもうつのせいにする』と言われてしまいました。

全くその通りです。
確かにあたしはうつ病だった。
でもそれはとっくに治っていたものだったのに、なんだかんだと理由をつけて、鬱を利用していた…

旦那の言葉。
それは離婚を意味するモノでした。

今でもこの時の事を思い出すと涙が止まらなくなります。これを書いている今でさえ…辛いです。

そしてあたしは自分はもうウツじゃないからと思い、薬を減らす決心をしました。
一週間以上勝手に薬を飲むのをやめ先生が理解してくれなかったら違う病院に移る事も決めて…

ありのまま先生に話をしたら受け入れてくれました。
薬は今までの3分の1にまで減りました。

まずうつの薬が全てなくなりました。
睡眠薬も眠れない日もあったけど、半分以下に減らしてもらいました。
体調が悪い時だけ飲むと決まったので、飲んだり飲まなかったりすると良くない薬も減らしてもらいました。

だけど、今度は薬を止めた中断症状に苦しめられる日々がこようとは、思いもしませんでした。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。